トップ > 賃貸併用講座 > 賃貸併用住宅とは > 戸建を建てる?建てない?

戸建を建てる?建てない?

戸建を建てる?建てない?

「都心に一戸建てマイホームを建てたい!」

憧れですよね?

「便利な都心部で土地を持つなんて高くて自分たちには無理」とあきらめていませんか?

都心部に一戸建てマイホームが建てる

その夢がかなえられる方法があります。

都心部に一戸建は無理?

右肩上がりの経済状況において、マイホームを買っても給料が上がっていくので住宅ローンの返済に不安はありませんでした。

また土地の価値も上がるため、いざとなれば自宅を売却をすることで住宅ローンを完済することができました。

このように、かつては誰もが心配なくマイホームを買うことができましたが、現在の経済状況下では、いつ自分が会社をリストラされるか、という不安、または会社が倒産するなどどんな大手企業に勤めていたとしても安心できない状況です。

いざというときに自宅を売却しようと思っても、買ったときよりも土地の価格も値下がりしており、売ったあとに住宅ローンだけが残った・・・などという笑えない話もあります。

そんな経済状況の中で、30-35年の住宅ローンを組むことにリスクを感じている人が増えています。家族のため、または自分のためにマイホームを買おうと思っても、買う前はもちろん、買ったあとも安心できないのはとても残念なことです。

賃貸併用住宅なら解決

「都心部に一戸建は無理」とあきらめていた問題が、賃貸併用住宅にすることによって解決できるのです。

それは、住宅ローンを自分のお給料で返済するのではなく、自宅に併設する賃貸住宅・アパートの住人に返してもらう方法です。

極端にいえば、「自分の職・お給料がなくなっても、アパート入居者が自分の代わりに返してくれる!」ということです。そのために、一戸建て住宅を取得することに較べて、リスクが低くマイホームを建てた後も経済的に安心して住めるのです。

ただし、1点だけ注意があります。

ご自身の収入に頼らず家賃収入で住宅ローンを返済していくためには、安定した入居者の獲得が必須となります。

具体的には、「入居を維持できる魅力的な立地であること」が条件に挙げられます。それがそのまま夢のマイホームの実現につながります。

夢のマイホーム取得のポイント

マイホーム取得時に一番考慮すること。それは広さと立地です。

  • 広い家に住んで、場所は郊外なのか?
  • よい立地に住んで、狭い家なのか?

もちろん、広くてよい立地の家に住めるにこしたことはありませんが、予算との兼ね合いで、立地を優先して家が狭くなったり、広い家に住めても通勤に時間がかかったり、と皆さん妥協せざるを得ないでしょう。

賃貸併用住宅の場合、「住宅ローンが多く受けられる」「家賃収入から返済ができる」という理由のほかに、「立地がいいところで広いマイホームに住める!」というメリットがあります。

そのメリットがそのまま入居者にとってのメリットにもなります。入居者にとっても良い場所は魅力的だからです。

賃貸併用住宅であれば、たとえば、世田谷区で居住面積100㎡近くの家に住む、などなかなか普通では考えられないようなライフスタイルを送ることができます。

入居者さんも広さや間取りは違えど、同じように憧れの場所で暮らすことができます。立地は賃貸募集に対して、最大の「強み」になります。

都心部に一戸建を建てることができた!

ちょほーむ倶楽部の会員さんの中には、年収500万円で世田谷区(小田急線沿線)に居住面積90㎡以上のマイホームができた方、年収480万円で目黒区(東横線沿線)に居住面積94㎡のご自宅の取得を実現された方がいらっしゃいます。

どちらの会員さんも駅から徒歩圏内にお住まいです。

当サイトでは、ちょほーむ倶楽部を通じて、入居を維持できる立地プランの選定や、優良家賃保証会社の紹介をしております。

賃貸併用住宅とはについての他の記事

賃貸併用研究会「ゼロ円倶楽部」はこちら
ちょほーむ倶楽部メールマガジン

賃貸併用講座