トップ > 賃貸併用講座 > 賃貸併用住宅の計画 > うまくいく賃貸経営

うまくいく賃貸経営

うまくいく賃貸経営

賃貸経営といえば、これまで「借りる立場」しか経験したことがなく、「実際に自分が大家さんとして経営をしていけるだろうか?」と思われる方が多いでしょう。

賃貸併用住宅を建てることへの不安の代表的なもに以下のことが挙げられます。

  • 空室リスク
  • 賃貸契約に関して素人
  • 賃貸物件の管理ができるか
  • トラブル時に対処法

もっともな心配・不安ではありますが、実際のところ賃貸経営を自分ひとりで行っている大家さんはほとんどいません。

では、いったい誰がアパートの管理をしているのでしょう?

賃貸部分の管理

それは専門の管理会社が請け負っています。管理だけでなく、清掃であったりセキュリティであったり、トラブル時の対処であったり、大家さんに必要な業務を請け負う会社がしっかりサポートする仕組みがあるのです。

賃貸併用住宅を建てて賃貸運営をする場合に必要な、下記のような業務をすべて専門のプロ(不動産会社)が行います。

  • 入居者の募集や選定審査
  • 退去時の立会い
  • 入居者からのクレーム処理
  • 内装工事や蛍光灯交換の手配
  • 建物設備の巡回や修理
  • 騒音など近隣とのトラブル解決
  • 共用部分の定期清掃
  • 受け取り、滞納チェック・督促など賃料の管理
  • 漏水や火災などめったに起きない事故のときの改修・補修工事手配

完成した賃貸併用住宅の賃貸部分を入居希望者に内見してもらい、気に入ったら契約の手続きをする。この一連の流れを仲介業務といい、不動産仲介会社が行います。

入居後、毎月の家賃を受け取り、滞納がないかを確認して、居室に不具合がある場合の対応、また入居者が退去する際の立ち合いを含め、この業務を管理業務といいます。

このような賃貸物件の管理には2種類の方法があります。

管理委託

建ぺい率

管理委託とは、賃貸借契約は入居者と大家さんが行い、物件管理を不動産管理会社に委託をすることです。

毎月一定の管理料を不動産管理会社に支払う必要がありますが、清掃や建物のメンテナンス、入居者の審査業務、緊急対応などを代行してもらうことが可能です。もう一つの管理方法のサブリースと異なる点は、家賃が満額大家さんに支払われることです。また、大家さんには空室リスクがあり、空室対策を大家さん自身が行う必要があります。入居募集は不動産仲介会社に依頼するのが一般的です。

メリットはサブリースよりも満室時の手取りが多くなることです。

サブリース(一括借り上げ)

建ぺい率

サブリース(一括借り上げ)とは、大家さんから賃貸部分をサブリースという形で借り上げて、管理運営をすべて委託する賃貸管理システムです。

空室状況にかかわらず、定期的に一定の家賃が大家さんに保証されるもので、おおよそ相場家賃の85%から90%が借り上げ家賃として大家さんに支払われます。

メリットは、管理委託に較べると手取りは少なくなりますが、安定的な家賃保証に加えて、不動産管理会社が一括して管理してくれるため、入居者募集や入居者との契約などの煩わしさや空室リスクから解放されることです。

ちょほーむ倶楽部では、会員さんご自身で賃貸管理をされている方はいません。専門の管理会社に任せて安心して賃貸経営をされています。賃貸併用住宅を建てた後も面倒なトラブルはなく、家賃もきちんと一定額が振り込まれています。

ちょほーむ倶楽部の提携会社である株式会社アートアベニューは、日本で最初に定期借家に取り組んだ管理会社です。アメリカのIREM(全米不動産管理協会)発行の国際ライセンスであるCPM(R)(不動産経営管理士)の日本での普及活動にも尽力しています。

株式会社アートアベニュー http://www.artavenue.co.jp/

賃貸併用住宅の計画についての他の記事

賃貸併用研究会「ゼロ円倶楽部」はこちら
ちょほーむ倶楽部メールマガジン

賃貸併用講座