トップ > 賃貸併用講座 > 賃貸併用住宅の計画 > 二世帯住宅の賃貸併用について

二世帯住宅の賃貸併用について

二世帯住宅のサイクル

二世帯住宅の親世帯が居住するスペースも、いつかは空いてしまうものです。あるいは現在は子供が小さくても、いずれは独立することでしょう。
このような「家族構成の変化」は、二世帯住宅と切り離せない要素ですね。
そもそも二世帯住宅を建てる場合、どのようなことを考慮すればいいのでしょうか。

ライフステージの変化に対応できる設計を

例えば、親御さんとの同居については、この先、次のようなことが考えられます。

・亡くなったら?
・介護が必要になるかも?
・子供が独立し、親世帯が1人だけになる可能性

生活していく中で、このような不安材料はどこのご家庭にもあるものです。
そのためにも、これから訪れるであろうライフステージの変化を常に意識し、しっかりと将来を見据えて、様々なケースにも対応できうる住まいづくりが大切になってきます。

どう建てる?

1.のちのち賃貸アパートとして貸せるように配慮する

もしも空いた親の居住スペースを、誰かに貸し出すことができれば、賃料が子世帯に家賃収益として入ってきます。
将来的に、住まいの一部を貸し出す「賃貸併用住宅」へリフォームすることを計画されるなら、最初から家を建てる際に、親世帯と子世帯の生活スペースの独立性を考慮しておきましょう。
世帯住宅はもともと同じ建物の中に二世帯分の住戸をプランニングしますから、賃貸併用住宅化するのはとても容易なのです。
結果、子世帯にとって必要な部屋は残しつつ、余った居住スペースだけを貸し出す、後からの賃貸併用スタイルが可能になるのです。

2.最初から賃貸併用住宅というプランニング

上記1でご紹介した二世帯住宅→賃貸併用住宅のケースとは逆に、最初に賃貸併用住宅としてプランしながら、両親が高齢になって同居する必要が出てきたら一部屋を貸して二世帯住宅に切り替えて利用するということも考えられます。
賃貸併用住宅→二世帯住宅となるケースです。
この場合も賃貸併用住宅から二世帯住宅への切り替えの際に、リフォームをしなくて済むようにすることも出来るでしょう。

状況によっては、まずは賃貸併用住宅からはじまって、親の高齢化による二世帯住宅への変更。さらに親世帯は最終的に階段のないフラットな高齢者向けマンションへ引越し、子世帯は転勤となって、その部屋は完全に2戸建の賃貸アパートにする・・・ことも考えられます。
同居についても、計画されていたものがいざとなれば、「長年住んだ部屋から動きたくない」という親御さんもいますし、「ある程度距離があった方がいい」と奥さまが判断されることもあります。
その結果、「二世帯住宅にするつもりが、賃貸併用住宅になってしまった」ということもあります。
どちらにしろ、賃貸を意識してプランニングすることはライフスタイルに合わせた生活を意識する上ではメリットもありますが、まずはライフサイクルにおける、あらゆる想定をして、住宅をムダなく活用できようにプランニングしましょう。

賃貸併用住宅の計画についての他の記事

賃貸併用研究会「ゼロ円倶楽部」はこちら
ちょほーむ倶楽部メールマガジン

賃貸併用講座