トップ > 不安をなくせる理由

不安をなくせる理由

教育費や老後の不安をなくせる理由

「住宅ローンの支払いがぐっと楽になる」「老後に向け数千万円の貯金が増える」

疑念に思う方もいらっしゃると思います。
この夢のようなプラン、本当にあります!

賃貸併用住宅とは?

マイホームを購入する際には多くの方が、金融機関から借り入れをして毎月住宅ローンを返済していきます。
この住宅ローンの返済を家賃収入から返済し、ローンの負担を軽くする。
これが、教育費や老後の資金に余裕を持たせる理由です。

自宅を新築する際に、建物の一部に賃貸部分(人に貸す部屋)を設けて、そこから得られる家賃収入から住宅ローンを返済していく、という仕組みの住宅のことを「賃貸併用住宅」と呼ばれています。

賃貸併用住宅

都心部においては賃貸併用住宅を選択される方が多くいらっしゃいます。
ビル・マンションやアパートなど戸数が多い物件を建築する場合には、建築費用が高くなるため、不動産投資を本格的にやっている方や条件の良い場所に土地をお持ちの方が対象になります。
それにくらべて、賃貸併用住宅は、一戸建マイホームを一回り大きくした建物でマイホーム部分と賃貸部分に分けて建てる住宅です。

この賃貸併用住宅が最近たいへん注目を集めています。
その理由として次のようなメリットが挙げられます。

賃貸併用住宅のメリット

都心にマイホームが持てる

最大のメリットはなんといっても「家賃収入が得られる」ことです。
新築のマイホームが手に入る上に家賃収入も手に入るところが賃貸併用住宅の最大のメリットです。

都心にマイホーム

併設された賃貸部分から入る家賃収入を、住宅ローンの返済に充てることができます。このことにより、今まであきらめていた「都心にマイホーム」も実現する可能性が出てくるでしょう。
また、家賃収入と自力での返済を組み合わせれば、ツインターボで加速しローンを早く完済することもできます。

リストラや年金問題など、多くの方が将来への不安を抱える現在。これからは不労所得といわれる副収入源を持つ必要があると言われています。サラリーマンを続けながら家賃収入(副収入)を得ることで、将来の不安を希望に変える方法のひとつと言えるでしょう。


ライフスタイルの変化に対応

そのときのご家族の環境に応じて部屋の利用方法の変更が可能であることも、賃貸併用住宅の大きな魅力でしょう。
将来的に親世帯と子世帯、孫世帯で居住することも可能ですし、もともとオーナー様が居住用として利用していた広い部屋が不要になった場合などはその部屋を賃貸に出して家賃収入を厚くする(※この場合住宅ローン返済残高の有無など注意が必要です)、などの対応も可能です。
また、賃貸部分を利用して奥様がお料理教室などを開いたり、趣味のお部屋にしたり、とご家族の状況によってさまざまな用途に利用することができますので、15年後、30年後の幸せを実現できます。

賃貸併用住宅はライフスタイルに合わせて変更に対応しやすい

安い金利でローンが借りられる

ローンに関して大きなメリットあります。
賃貸併用住宅では、一定の要件を満たせばマイホーム購入同様、住宅ローンの借入れを行うことができます。住宅ローンは、アパートローンやプロパー融資に比べ、大変金利が低く設定されています。また、借入期間も35年、と長いのも特徴です。
アパート経営において一番の難関と言われる「融資」において、融資審査が通りやすく、低金利でかつ借入期間が長く、自己資金の割合が少なくてもよい「住宅ローン」は非常に大きな魅力のひとつでしょう。
ちなみに中古アパート、投資用ワンルームマンションの購入では、当然のことながら住宅ローンは利用できません。


節税効果

一定の要件を満たせば、住宅ローン控除(住宅ローンを組んで住宅を購入すると条件を満たしていれば支払った所得税が戻ってくる制度)も受けられる可能性があります。
また、賃貸部分に関しては不動産所得の必要経費扱いにすることができたり、相続税や固定資産税などにおいても節税効果が見込めることも見逃せないメリットのひとつです。


生命保険代わりに

住宅ローンで物件を購入する場合、団体信用生命保険(団信)に加入することができます。一家の主に万一のことがあった場合、経済的な損失をカバーしてくれるのが生命保険の役割ですが、団体信用生命保険(団信)は同じような役割があります。
それは、ローンを組んだ人に万一の事態があった場合、保険会社がローンの残債に相当する保険金(最大1億円)を金融機関に支払ってくれる、というものです。


夢のマイホームが0円で購入でき、そのうえ収入まで得られる賃貸併用住宅。住宅ローンを完済すれば、家賃はそのまま収入となります。
家賃収入だけで自立した生活ができるようになれば、ハッピーリタイアメントを実現される方もいらっしゃるでしょうし、今まで人に賃貸していた部分を二世帯住宅にチェンジするなど、その方のライフプランに合わせた変更が可能となるでしょう。

ちょほーむ倶楽部では、賃貸併用住宅を手に入れるプロセスをサポートスタッフがお手伝いし、会員さん相互の交流&情報交換ができます。

賃貸併用研究会「ちょほーむ倶楽」はこちら

ちょほーむ倶楽部メールマガジン

賃貸併用講座